【当サイト管理人はこれで10キロ痩せました!】
31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

たるみの仕組み

◆たるみの仕組み
若々しくみえるかどうか・・・それは鼻からしたの顔のたるみに左右されます。
なぜ「たるむ」のでしょう。

真皮の弾力繊維のコラーゲンの生成量、水分保持成分のヒアルロン酸量が加齢や外部刺激が原因で減ってしまうため、うるおい不足、肌のターンオーバーの衰え、真皮層の弾力低下となって、真皮がしぼんでしまいます。すると肌に弾力がなくなって脂肪を支えきれなくなり、重力によって下へ下へと垂れ下がってしまうのがたるみ。頬の毛穴が縦長になって斜め下に向いていたら、それはたるみはじめてるサイン!

30代に入ると筋肉も痩せて、表情筋が衰えてきます。そうなるとたるみは顔全体にあらわれます。『なんだか最近顔の輪郭が変わったなぁ~』と感じたら、たるみが進行している証拠です。脂肪が多くて重量のある頬、皮膚が薄くて筋肉量の少ない目元はとくに注意!真っ先にたるみが姿をあらわす危険地帯です。
ほうれい線が気になりだしたらかなり深刻事態です。

だけどたるみだってお手入れ次第で老化の進行を遅らせられるんです。同年代の方でも若く見える人もいれば、そうじゃない人も居ます。そ違いはたるみ対策の努力をしているか、していないかの差なんです。「年だからしかたない」とあきらめればそれまでです。キレイに年齢を重ねたいあなたならこの先のお手入れ次第です。手をかけてあげれば肌の状態は確実に変わってきます。

たるみの対処法は肌の弾力繊維であるコラーゲンを減らさず生成量を増やすこと。たっぷりの水分を補給してふっくらとした肌にしてあげることです。また、マッサージで血行をよくして新陳代謝を高めて老廃物を排出。むくみをつくらないようにして、表情筋を鍛えてたるまない肌作りを心がけることもポイントです。

スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006 気になるたるみの情報庫 たるみ最前線. All rights reserved

TOPへ たるみ全般に関して たるみの仕組み