【当サイト管理人はこれで10キロ痩せました!】
31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

毛穴のたるみの原因 ~ホルモンバランス~

◆毛穴のたるみの原因 ~ホルモンバランス~
思春期にはホルモンバランスが崩れることによる皮脂の分泌過剰の影響で、毛穴がふさがれ、赤く腫れて中央に膿がたまることが多くなります。10代の思春期のニキビは、男性ホルモンの分泌が盛んになることで皮脂の分泌が活発になり起こります。

できやすい部位としては「額」と「鼻」のTゾーンとよばれる場所で、特に皮脂分泌量の多い部位です。
また、生理の前になると、皮脂の分泌を促す黄体ホルモンが増えるため、ベタついたり毛穴が開いたりしてニキビなどが出来やすい状態になります。この場合は、生理日以降、黄体ホルモンの分泌が減少するにつれ、皮脂量も減り、ニキビもよくなることが多いようです。

対策は肌を清潔に保つ事ですが、だからといって清潔にしたいという思いから1日に何度も洗顔するのは、かえってニキビが増えるだけになってしまいます。
正しい洗顔であれば朝晩2回で十分なのです。
しっかり泡立てて優しく洗い、すすぎもしっかりと行ないます。
洗顔後の保湿を忘れないようにしましょう。

こうしたホルモンバランスによる肌の状態の変化が、毛穴のたるみの原因になるのです。

ホルモンバランスに気をつけて、毛穴たるみを予防しましょう。

スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006 気になるたるみの情報庫 たるみ最前線. All rights reserved

TOPへ 毛穴のたるみ 毛穴のたるみの原因 ~ホルモンバランス~