【当サイト管理人はこれで10キロ痩せました!】
31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

下まぶたのふくらみ(目袋)治療手術

◆下まぶたのふくらみ(目袋)
年齢とともにまぶたの脂肪のふくらみが気になってくる方も多いのではないでしょうか。脂肪だけなら、皮膚を切らずに治療する事が可能です。。
手術方法

皮膚のたるみの少ない20~40代の方におすすめです。手術は局所麻酔で行います。まぶたの裏側の結膜の箇所を1cm切開して眼窩脂肪を取り除きます。まぶたの裏側から手術を行うため、皮膚の表面にはまったく傷が残りません。結膜の傷は非常に細い溶ける糸で内部だけ縫合するため、抜糸の必要もなくなる事が多いようです。糸は結膜に露出していないので眼球を傷つける恐れもありません。脂肪のみ除去する方法です。そのため。たるみの多い方ではこの手術をすることによって余計にしわが増えてしまう可能性があります。たるみの多い方には眼輪筋皮弁法やハムラ法による手術の方が間違いありません。

<下まぶたのふくらみ(目袋)手術時間>
約30分で、結膜への局所麻酔を行います。

<腫れ・痛み>
腫れは2~3日、痛みはありません。

<術後の注意点>
腫れを防ぐために下まぶたの表面にシリコンシートをあてて1日圧迫します。コンタクトレンズの着用は1週間は控えて下さい。多少の内出血の可能性があります。

下まぶたのふくらみ(目袋)手術は上記を踏まえてご検討下さい。

また医療機関によって、異なる事もありますので、
下まぶたのふくらみ(目袋)手術について、直接医療機関に確認するようにしましょう。

スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006 気になるたるみの情報庫 たるみ最前線. All rights reserved

TOPへ たるみ取り治療最前線 下まぶたのふくらみ(目袋)治療手術